2006年03月30日

「賢治の学校」

この間から朝晩チビチビと読んでいる本。図書館で、「宇宙のこころを感じて生きる」という副題に惹かれて借りた「賢治の学校」(鳥山敏子著)
宮沢賢治の教え子たちの回想と賢治の詩を素材に、彼の教育者としての姿を
浮き彫りにしていく。

「感じる通路の開いたからだ」をもった賢治。「すべてのものはつながっている」と感じる賢治。
・・・・水や光や風ぜんたいがわたくしなのだ…(「種山と種山が原」パート3)自然に同化し自然になってみる

生徒とつながっていた賢治。
だれがだれより偉いかを比べる馬鹿らしさ。生徒に「天の才」を発揮させる。そして教師として真剣に生徒と向き合うほど、農学校の生徒に百姓仕事の尊さを説くほど、自分が教師であることの矛盾に悩み、ついに教職を辞し
農民救済の道へと入っていく。

いま,なぜ「賢治の学校か」?
教育者宮沢賢治を鑑としたとき、今の「時代の窮屈さが見えてくる」「追い詰められる子どもたち」の姿が見えてくる。
そして著者は「新しい時代をつくる最後のチャンス」だと訴え、教職にあるみずから教室で「賢治の学校」を実践し、退職後は全国各地を飛び回り「賢治の学校を世界中に、星の数ほど誕生させようと思う。」と志す。
いまもその活動は営々と各地で続けられている。

この時代に宮沢賢治が生きていたら、どうしただろう?自分も賢治にはとうていなれないにしても、小さな賢治の一人にはなりたいな、とか夢想するこの頃です。
posted by 新八 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総会準備、着々

 総会の準備は着々と進んでいます。正会員、賛助会員のみなさんに案内を出しましたし、議案書や資料もそれぞれ分担分ができあがって我が家に持ち込まれています(私の分はまだ手つかずですが、近日中に仕上げます)。

 一年前の今頃、ふきのとうを立ち上げるために話し合いをしていた頃を思い出します。NPOの意味すら分からず、名前も浮かばず、でもやりたいことだけは描けていました。これからどうなるのか不安だったけれど楽しかったような気がします。
 今、「思えば叶う」「やればできる」的な自信と満足感があります。何をしたかと問われても、さしたる実績はありませんが、山を一歩筒登っているような感触があります。

 色んな個性が集まり一つ方向へ向かう「ふきのとう」は、まさしく「蕗の薹」です。小さな花の集合体である蕗の薹は、子孫繁栄という生物本来の最高目的に向かって突き進んでいます。私たちも蕗の薹のごとく、本来の目的、本質、真理に向かって進んでいきましょう。
posted by 直球 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

最後の送別会

商工会の講演会泣く泣く失礼して地元小学校の最後の送別会に出席しました。出席者も少なくて、なんとも寂しい送別会でした。
閉校する学校にとっては毎年恒例の行事が今年は全て「最後の行事」。ひとつひとつ終わるたびに学校が無くなる現実感が押し寄せてきます。
一人の先生が言ってましたが、「子供たちにとっては大きな世界へ出て行く良い機会」それぞれ旅立つ子供たちの飛躍を祈ります。
でも本当に辛いのは、その背後にある地域の衰退。だれのせいでもない
時間のながれと時代の流れ。これをどう押しとどめるか?
「住み続ける地域」を築けるか?
雪はまだ1.2m以上。昨日新篠津の叔父がきて驚いていました。向こうは
もう少しで畦が見えるそう。まずは除雪の日々です。
posted by 新八 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

商工会の講演会に行ってきました

月形商工会主催の「地域の恵みを地域のために」という地産地消、地域作りがテーマの講演会に行ってきました。講師は地研クリエイトセンターの伊藤明美(いとう あきよし)氏。
講演会では、
●「地域おこし(経済面における活性化)」の前に「地域づくり(日常生活に充足感を持って生涯を全うできる環境作り)」が大切で、この地域づくり=まちづくりが土台となって物事が成り立つ。
●地元の人が喜ばないものを外に向かって売るなんておこがましい! 自分たちがまず町の中で消費することを考えよ。(成功例として、長野県天龍村、青森県碇ヶ関村を紹介)
●町には「街(人の集まるところ)」という機能が必要。
●これからは豊かさを実感できる地域社会づくりが大切で、地域をよく知る産業人が町を引っ張っていかなければならない。(行政主導の時代は終わった。)
というものでした。

私たちが今やっている「ふきのとう」の活動や方向性をそのまま講演してくれたような内容で、まちづくりのプロにハッキリと言われて自信がつきました。それに会場にきていた役場(産業課4,5人)や普及所、商店主などに「ふきのとう」の活動を伝えてもらったようなもので、いい場になったと思います。つかみはOK、これからの展開が楽になってくれるのではと期待の持てる講演会でした。
posted by 直球 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

2006年度総会

ふきのとう会員の方にお知らせです。

以下の日程で総会を行いますので、みなさんご参加下さい。

日時:2006年4月3日(月) 午後7時〜
場所:月形町母と子の家 研修室
posted by 直球 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ひさびさ登場。

ブログの書き込みスタイルにいまいちなじめず躊躇していましたが
難しく考えず、とりあえず、日記と近況連絡から始めます。
本日聖母園役員会。18年度障害者自立支援法を受けて、マイナス予算の
事業計画です。中和小跡地活用を前提に、手探りのスタートになりそうです。地域としては福祉の活動に協力する形のなかで、いかに地域活性化につなげるか、これからの組み立てとなります。
いずれは納豆、味噌の食品加工がメインとなりますが、取り組みやすく、色々な展開につなげやすいのがやはり「花」。とりあえず規格外の花を、商品化して直売する過程を障害者の作業に取り入れては?という話が出ています。
ふきのとう総会の段取りご苦労様です。一昨日はすっかり飲んだくれてしまい失礼しました。とりあえず一年の足跡を残せそうで、ご同慶の至りです。
後で振返って、「人類の偉大な一歩」になることを夢見て。。。
私でできることがあれば何なりと。。。
posted by 新八 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

祝・発芽

 トントン拍子に話が進み、ブログを始めることが出来ました。せっかく出た芽ですので、これから大きく育てましょう。
posted by 直球 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。